ETCを利用するのに必要なETC車載器についてご紹介!

ETCを利用するのに必要なETC車載器についてご紹介!

ETC車載器が必要

ETCを利用するのに必要となってくるのは、ETCカードだけではありません。ETCカードを使ってETCゲートをスムーズに走行するためには、ETC車載器が必要となってきます。役割としては、通過ゲートなどの情報を無線通信により即座に行い、料金決算をしてくれます。車載器には大きく分けて3つの種類があるので、自分の利用状況などと見合ったものを選ぶようにしましょう。

誰でも簡単に取り付けられる「アンテナ一体型」

まずは、「アンテナ一体型」と呼ばれるもので、ETC車載器とアンテナがひとつになっているタイプです。ETCカードとETC車載器の2つで使用するため、通常「2ピースタイプ」とも呼ばれています。アンテナ一体型を利用するメリットとしては、車載器本体をダッシュボードなどの上に取り付けるだけなので、誰でも簡単に取り付けられるという点、他のものに比べて価格が安いというところです。

自由な場所に設置できる「アンテナ分離型」

次に「アンテナ分離型」で、ETC車載器とアンテナが分離されたタイプで、ETCカードと合わせると3つに分かれているため「3ピースタイプ」とも呼ばれています。本体とアンテナが離れているので、本体の設置場所を選ぶ必要がなくなりました。ETCカードの挿入が出来さえすれば自由な場所に設置可能です。外からは見えにくい足元に設置するなどして、盗難防止としても安心して利用できます。

見た目がスッキリな「ビルトイン型」

最後に「ビルトイン型」と呼ばれる埋め込みタイプのETC車載器のご紹介です。ディーラーなどで、新車購入時に取り付けてあることが多いです。メーカーによってさまざまですが、主に運転席周りにあるインテリアの中に埋め込まれているタイプが多く、アンテナもルームミラーなどに埋め込まれていたりするので見た目にもスッキリしています。ビルトインタイプにも2ピースタイプの車載器、3ピースタイプの車載器があります。

ランキング一覧
  1. 経営が効率よく動くようにサポートしてくれる「高速情報協同組合」
  2. 組合加入でクレジット審査なし「ETC協同組合」
  3. 約2週間で組合加入が完了「ビジネスリンク」
  4. 事務コストを削減できる「ケイ・シー・エム協同組合」
  5. 高速道路6会社が共同となって発行する「ETCパーソナルカード」