経営が効率よく動くようにサポートしてくれる「高速情報協同組合」

高速情報協同組合のサイトへ経営が効率よく動くようにサポートしてくれる「高速情報協同組合」
高速情報協同組合のサイトへ経営が効率よく動くようにサポートしてくれる「高速情報協同組合」
http://www.kousoku-j.jp/
高速情報協同組合は、平成5年3月に設立された組合で、主な取扱いは法人ETCカード、ガソリンカード、法人自動車保険の3つです。中小企業の事業を様々な方向でアシストし、共同購買・利用を通じて事業の経営が効率よく動くようにサポートしています。コスト削減や経営戦略など役立つ情報の提供や異なる事業の交流を促進している事業協同組合です。

法人ETCカードのおすすめ

高速情報協同組合での法人ETCカードのおすすめは、首都高速と阪神高速の新しい割引に対応している「ETCコーポレートカード」と、ETCマイレージサービスを受けられる「法人ETCカード」です。ETCコーポレートカードは、東/中/西日本高速道路株式会社が発行しているカードで、車両番号を登録する必要があり、1枚のカードを複数の車両で使用できません。一方、法人ETCカードは名義に関係なく、どの車でも利用できるのが特徴です。ほかにも「法人ガソリンカード」も用意されています。

カード発行に必要な経費ってどのくらい?

事業主が組合に加入するだけでカード発行時にクレジット審査やデポジットなく法人ETCカードが発行できます。カード発行時の必要経費は、組合加入時に1社につき10,000円。カード発行手数料540円、取扱手数料1年に1度540円となっています。さらに法人ETCカードは、マイレージポイント還元や立替保証、マイレージ登録など組合が変わりに行ってくれるため、手数料として毎月の走行料金の8%を支払います。

3種類の割引にさらに最大20%割引あり

受けられる割引とは、0~4時の時間帯に30%オフになる「深夜割引」と、大都市近郊区間以外で最大50%オフになる「平日朝夕割引」と、軽自動車と、普通自動車限定で、土日祝日が30%オフになる「休日割引」(大都市近郊区間以外で2014年7月1日より地方部限定)です。さらに、ETCコーポレートカードだと、車1台につき1ヶ月間の首都・阪神高速道路の利用額が5,000円~10,000円で10%、10,000円~30,000円で15%、30,000円以上で20%割引が適用されます。

高速情報協同組合の概要

名称高速情報協同組合
所在地〒802-0038 福岡県北九州市小倉北区神幸町9-1
電話番号093-531-1356
URLhttp://www.kousoku-j.jp/
ランキング一覧
  1. 経営が効率よく動くようにサポートしてくれる「高速情報協同組合」
  2. 組合加入でクレジット審査なし「ETC協同組合」
  3. 約2週間で組合加入が完了「ビジネスリンク」
  4. 事務コストを削減できる「ケイ・シー・エム協同組合」
  5. 高速道路6会社が共同となって発行する「ETCパーソナルカード」